一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


2015年1月〜10月の間に訪日旅行者数が1631万人と過去最高を記録するなど、激増中の訪日旅行市場だが、昨今の中国やタイをはじめとする国々でのビザの緩和などの影響を受け、アジア各国において 訪日旅行だけでなく世界各国への旅行ブームが高まっている。特に アジアの旧正月にあたる2月には、世界中で2億人を超える人が旅行をするといわれ、日本国内を含め世界中で混雑が予想されている。株式会社エイチ・アイ・エスでは、2015〜2016年の年末年始動向調査を実施した。まず海外旅行では、年末年始に長期の休みが取りづらい日並びとなっていることから、12月29日出発の旅行に人気が集中。パッケージツアーにおいては、欧米路線よりハワイ・グアム・バリ島などビーチ方面に加え、南半球で今がベストシーズンであるオーストラリアが好調だ。ハワイは4年連続での1位を獲得。燃油サーチャージが下がったことから、前年の同時期と比較して旅行代金の単価は下がり基調ではある一方で、円安の影響もあり、比較的滞在費用をおさえられるアジア地域の予約に人気が集まっている。

 そしてハワイ、韓国、台湾、グアムなどレジャー需要としても人気の都市は自由旅行も好調に推移している。ダイナミックパッケージ(航空券+ホテル)での予約も浸透しはじめ、なじみのある都市は自由旅行にシフト。特に年末年始のパッケージツアーでは、延泊などのアレンジが難しいことから、より自由度の高い旅行の需要が高まることが想定される。今年の年末年始人気ランキングに登場したオーストラリアは、全日空(NH)が12月11日に羽田〜シドニー線を、カンタス航空(QF)が8月より羽田〜シドニー線・成田〜ブリスベン線を就航したことにより改めて注目されてる。英語圏であることや、時差が1時間ということが世代を超えた人気の理由のひとつとなっており、また広大な大地に広がる美しい自然や特有の動植物なども魅力となっている。

調査日:2015年11月30日
調査対象:H.I.S.の海外ツアー・航空券
対象出発日:2015年12月23日〜2016年1月3日

 一方、国内旅行は、昨今の海外の情勢不安や、訪日旅行者の急増により改めて注目が高まっていることから、年末年始においても国内旅行全体で好調に推移。人気出発日が12月30日、12月31日に集中していることから、日並びの関係により近場で短期間の旅行が人気といえる。 方面別では、定番の沖縄や沖縄離島、九州、北海道が上位にランクイン。沖縄と九州においては、LCC利用のコースが大幅な伸びを示しており、専用ターミナルのオープンにより国内旅行にもLCCが定着しつつあることがうかがえる。北海道においては、プレミアム旅行券の発売開始や来年の新幹線開通が好影響を与えている。

文/編集部
.
@DIME編集部


駐車場事業やカーシェアリング事業を展開するタイムズ24(東京・千代田区)は8月5日、伊丹空港と関西空港でカーシェアリングと同空港間での乗り捨てサービスを開始すると発表した。空港での乗り捨てサービスの提供は国内初。

 8月8日からサービスを開始するもので、両空港内に駐車場を設置。会員向けに提供する。利用できる車種はトヨタ自動車(7203)のアクア、日産自動車(7201)のノート、マツダ(7261)のプレマシーを各1台ずつ。

 カーシェアリングとは会員向けに自動車を時間貸しするサービスで、会員はオンラインで予約する。駐車場にはカーシェアリング専用の自動車があり、会員カードで解錠し使用する。利用者は月額の基本料金のほか、利用料金を支払って使用。利用料金は一般のレンタカーと違い、短時間で設定していることが多い。

 乗り捨てとは借りた場所と返却する場所が違うことを指す。

 利用料金は個人プランの場合、月額基本料金が1030円で、無料利用分に転化できる。利用料金は車種により異なり、今回配備した「ベーシック」車種の場合15分で206円、ガソリン代や保険料が含まれている。

 タイムズ24が空港近くでカーシェアリング事業を展開するのは、福岡空港に次いで3拠点目となる。同社では観光や出張での利便性を向上させるため、新幹線の駅などでのカーシェアリング事業展開を強化してきた。同社が実施した会員へのアンケートによると、24%が空港への出店を希望していたという。

 同社のカーシェアリング事業「タイムズカープラス」は、2009年に事業開始。6月末現在、5538拠点9173台で展開している。会員数は36万2440人。
.
Yusuke KOHASE

1