一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JTBグループでe-コマース事業を展開するi.JTBは、2014年度夏休み期間(7月15日〜8月31日出発)の国内宿泊のインターネット予約状況の県別人気ランキングをまとめた。

消費増税の影響からレジャーへの支出が懸念されたが、夏のボーナス支給状況の改善に加え、新たなレジャー施設のオープン、LCC、世界遺産登録などを追い風に、夏休み期間も国内宿泊の予約状況は堅調に推移している。

6月8日時点の県別人気ランキングは、1位は前年に続いて「沖縄」で、新ホテルのオープンや離島の人気などにより、関心が高まっている。

2位にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新エリアが話題を集めている「大阪」、3位が「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録で注目が集まる「群馬」だった。

4位が「香川県」、5位が「富山県」、6位が「岩手県」、7位が「栃木県」、8位が「長崎県」、9位が「北海道」、10位が「熊本県」だった。

《レスポンス 編集部》


夏休み国内宿泊予約状況県別ランキング、「沖縄」がトップで2位は「大阪」…i.JTB調査

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • 11:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ryokanhotel.jugem.jp/trackback/24