一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新温泉町湯の湯村温泉街に10日、「湯快リゾート」(本社・京都市)が運営するホテル「湯村温泉 三好屋」がオープンした。老舗「三好屋グランドホテル」を改装し、自慢だった「森林露天風呂」などは残した上で外壁を塗装し、バイキング形式のレストランを新設した。1泊2食付7800円(税・サービス料込み)で、同社は「温泉街の活性化につなげたい」と話している。

 同社などによると、施設は本館(65室)が7階建て。5月中旬の開業に向け整備中の木造棟「清山荘」(21室)を合わせると、延べ床面積は約9240平方メートル。外壁の塗装はベージュ色に焦げ茶色という落ち着いた雰囲気にした。

 「森林露天風呂」「展望大浴場」のほか、「露天風呂付き客室」など旧ホテルの魅力的な部分は残したまま改装した。

 問い合わせは、三好屋((電)0796・92・1212)。

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • 00:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ryokanhotel.jugem.jp/trackback/3