一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.12.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年のゴールデンウィークは日並びが悪く、長期の連休が取りづらいため、国内旅行や近場の海外旅行が人気とのこと。飛行機の空席もまだあるようで、例年と比べて比較的手ごろな価格で旅行が楽しめそうです。

 とはいえ、航空券やツアーはできるだけ安いものを探したいところ。皆さんはどんなサイトでチケットを探しているでしょうか。今回は、年に数回海外旅行に行く旅行好きだけど、ケチで航空券はできるだけ安く済ませたいSPA!編集Yと、同じく海外旅行好きのSPA!編集Fが最安チケットを探すために、よく使っているサイトをご紹介します。

【1】トラベルコちゃん(http://www.tour.ne.jp/)

 ご存じ、総合旅行情報サイト。国内外のツアー、航空券、ホテルなど、旅行に関するあらゆる検索・予約が可能。主要な航空会社や予約サイトをまとめて検索し一覧に表示してくれるので、まずは「トラベルコちゃん」で探すとラクでしょう。驚くほど安いツアーや航空券が見つかることもあるのですが、注意も必要。例えばGW中でも、4日間滞在のバンコクツアー(往復直行便)が5万円台で見つかったりもしますが、空席状況を確認すると、すでに満席となっていることも……。空席のあるツアーを安い順に探さなければならない点が、使っていてデメリットに感じます。

【2】skyscaneer(http://www.skyscanner.jp/)

 格安航空券を探したいなら、個人的にはこのサイトが一番便利です。非常に多くの航空会社や予約サイトを比較して、最も安い格安航空券を素早く見つけることができます。しかも予約状況は最新で、「リンク先の予約サイトに行ったら空席がなかった」ということがほとんどなし! 航空券だけを探したいなら、このサイトがおおいに役立つはずです。

【3】CASツアー(http://www.castour.com/)

 そして、編集Fがオススメするのが「CASツアー」。シンプルな画面で検索しやすく、非常に使い勝手が高い便利なサイト。出発予定日の前後3日の金額も表示してくれる(合計7日分!)ので、いつ出発すると安いのか、また空席が残っているかが一目瞭然! 検索対象はJAL、ANAはもちろんのこと、格安航空会社も入っているため、安いチケットが探せるはずです。

【4】momondo(http://www.momondo.com/)

 そして最後に、旅行好きの間で「一番安い航空券が見つかる!」と知られている「momondo」。日本語非対応のため英語に自信がないとちょっと心配ですが、【1】〜【3】のサイトよりもさらに安いチケットが見つかることがあります。例えば、GW中のある日程でskyscaneerで検索したところ、東京〜バンコクの直行便(往復)が75000円ほどだったのに対し、momondoで検索すると367ユーロ、およそ52000円のチケットが見つかるという結果に!

 これまで実際に使ってみて、値段の安さと使いやすいさなどから、オススメのサイトを4つ紹介しました。これから旅行の予定を立てる方は、「GWだし、もう出発日も迫っているから安いチケットはない」と諦めず、格安チケットを見つけてください! <取材・文/SPA!編集Y>

2012年末から急速に円安が進んだことを受け、私は「旅行業界は、円安で海外旅行客が減って、業績が悪化したのではないか」という仮説を持っていました。ところが実際は、主要旅行会社の旅行取扱額は昨年春以降、増え続けていたのです。
旅行業が好調である背景には、いくつかの理由があります。今回は、旅行業界全体の動向に加え、海外旅行大手のエイチ・アイ・エス(以下、HIS)と業界2位のKNT-CTホールディングス(以下KNT、通称は近畿日本ツーリスト)の財務内容を分析します。そのうえで、旅行業の先行きを見極めるポイントについて解説していきます。
■ 旅行取扱額は国内外とも好調、外国人観光客も増加

観光庁が主要旅行業者57社の旅行の取扱額を集計した「旅行取扱高」(下表)を見ますと、2013年5月から増え続けています。私はこの統計を見る前、円安が進んだことで、日本から海外に出て行く旅行者(アウトバウンド)が減り、旅行業の業績は悪化しているのではないか、という仮説を持っていました。実際は、どうだったのでしょうか。もう少し詳しいデータを見てみましょう。

観光庁が発表した2013年12月の「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」によると、海外旅行の取扱額は、前年同月比107.2%、外国人旅行は同比104.0%、国内旅行は同比108.2%と、いずれも増えているのです。 ただし、募集型企画旅行の取扱状況を見ますと、確かに取扱高はいずれも前年同月より増えていますが、取扱人数という点では、海外旅行が前年同月比98.8%と若干減少しています。

 その一方で、外国人旅行は、取扱高自体は少ないものの、取扱人数が同比142.0%まで増加しているのです。

 以上のことから、円安の影響で外国人観光客が急増したわけですが、取扱高は微増となりました。一方、日本から国外への海外旅行者は微減しましたが、取扱額自体は少し増えたというわけです。

もうひとつ、注意点があります。2012年末からの1年間で20%近く円安ドル高が進んだにもかかわらず、海外旅行者は微減にとどまったということです。

■ 海外旅行があまり減らない2つの理由とは? 

 この理由は、2つあると考えられます。ひとつは、現在、団塊世代の定年退職者数がピークを迎えつつあるということです。そこで、「退職金をもらったから、健康で動けるうちに旅行に行こう」と考える人が増えていると思われます。

 もうひとつは、景気回復や、株高や不動産価格の上昇により資産額が増えて、消費が促される資産効果の好影響が出ているのではないかと考えられることです。ちなみに、旅行業に関しては、消費税増税前の駆け込み需要はほとんどありません。旅行は買いだめることができないからです。ただし、料金が安いうちに行っておこうというインセンティブは少し働いた可能性はあります。いずれにしても、4月以降は消費税率上げもあり、給与が上がらない限りは、消費が減ると考えられますから、旅行にどのような影響が出るかは興味深いところです。

 また、円安や団塊世代の退職という2つの要因は、国内旅行の取扱高・取扱人数をも押し上げました。

 以上が旅行業の現状です。では、実際のところ、旅行各社の業績はどのように推移しているのでしょうか。HISとKNTの決算内容を分析してみましょう。

■ HIS、KNTとも、業績は好調

 まずはHISの平成26年10月期 第1四半期決算(2013年11月〜2014年1月)から見ていきます。HISは海外・国内旅行ともに取り扱う総合旅行会社ですが、国外への格安航空券の販売や海外パッケージツアーなどの商品を主力としていることから、海外旅行の取り扱いは業界1位となっています。ですから、円安が進んだことでどれだけ海外旅行取扱額に影響が出たか、わかりやすいのではないかと思います。

損益計算書(7ページ)から収益を調べますと、売上高は1083億円から1223億円まで12.9%伸びています。ただ、円安の影響などから、売上原価は878億円から989億円まで12.7%増え、営業利益は32億円から40億円までの増加となりました。

もう少し詳しく見てみましょう。2013年12月単月の「主要旅行業者の旅行取扱状況速報(NO.1参照)」の「各社別内訳」によりますと、HISの海外旅行の取扱額は前年同月比116.4%。外国人旅行の取扱額は、同比259.0%。国内旅行は同比128.5%。全体で同比117.8%となりました。やはり円安の好影響から、外国人旅行の取扱額が、規模自体はそれほど大きくないものの、大幅に増えていることがわかります。また、国内旅行が大きく伸びていることにも注目です。HISは順調に業績を伸ばしていると言えるでしょう。次に、KNTの業績も見てみましょう。同じ資料にある「KNT-CTホールディングス(9社計、NO.2参照)」を見ますと、2013年12月単月では、海外旅行が前年同月比100.7%、外国人旅行が同比129.3%、国内旅行が同比107.3%。そして合計が同比105.7%と、HISほどではないものの、いずれも伸びていることがわかります。ちなみに、KNTを旅行部門に連結した近畿日本鉄道の平成26年3月期 第3四半期決算(2013年4〜12月)のセグメント情報(3ページ)を見ますと、「ホテル・レジャー」のうち「旅行業」の営業収益(売上高)は3261億円(前年同期比174.2%)と大幅に伸びています。 以上のことから、大手旅行会社2社の業績は、伸び率に少し差があるものの、旅行業全体の動きと同じく好調だと言えます。

■ 旅行業の見通しを見極める、4つのポイント

 このように、旅行業は今のところ好業績を維持していますが、今後はどのように推移していくのでしょうか。見極めのポイントは、大きく分けて4つあります。

第1に、中国の経済と反日感情の動向です。日本政府観光局(JNTO)が発表している「国・地域別 訪日観光客数(暫定値)」の2013年12月のデータを見ますと、外国からの観光客のうち、アジアが全体の約80%を占めており、その中でも中国からの観光客数が前年同月比185.3%増と大幅に増加していることがわかります。 これは、中国の富裕層が増えていることに加え、2012年の尖閣国有化に伴う反日デモでピークに達した反日感情が民間のレベルでは落ち着いてきたことが、大きな理由だと考えられます。

 逆に言いますと、今後、中国景気が悪化したり、尖閣諸島の問題が再燃して反日感情が高まることがあれば、日本の旅行業は大きなダメージを受けるおそれがあるということです。今は中国のシャドーバンキング問題もくすぶっていますから、こちらのニュースも併せて注意することが大切です。ただ、私は、中国の景気は、短期的には維持されるのではないかと考えています。

第2に、円相場の動向です。円安が進むほど、中国のみならず欧米や東南アジアからの観光客が増えると期待できます。たとえば、ドル/円レートは2012年末から1年間で約20%も円安が進みましたが、これは米国人からみると、日本での宿泊費や交通費がそれだけ安くなったということです。この影響は非常に大きいでしょう。

 ドル/円相場は、今年に入ってから現在(4月22日現在)にかけて、ほぼ1ドル=101〜104円台で推移していますが、今後はどこまで円安が進むのか。この点が注目ポイントとなります。私は、中長期的には、シェール革命によって米国の貿易収支が改善し、さらには、エネルギーコストが下がることなどから、米国経済のファンダメンタルズ(基礎力)が改善し、円安ドル高が進むのではないかと予測しています。

第3に、欧米景気の動向です。先ほども触れた「国・地域別 訪日観光客数(暫定値)」を見ますと、アジアだけでなく、欧州や米国からの観光客も少なくはないですから、欧米の景気にも注意を払うことが大切です。 今のところ、米国経済は堅調に推移しており、欧州経済も小康状態となっていますので、世界経済は少しずつ回復に向かいつつあると言えます。ただし、ウクライナ情勢などの火種がありますし、ギリシャ危機に端を発した欧州債務問題も根本的に解決したわけではありませんから、油断はできません。

 第4に、日本国内の景気、特に、アベノミクス効果がいつまで続くのかという点です。正直なところ、私は、アベノミクスはすでに息切れしつつあるのではないかと感じています。

 昨年4月以降、異次元緩和によってマネタリーベース(日銀券と日銀当座預金残高の合計)が急速に増え続けています。こうして増えたおカネが企業や個人に貸し出されなければ、景気はよくならないわけですが、肝心の「銀行計貸出残高」や「M3(現金通貨と民間金融機関の預金の合計)」の増え方が鈍化し始めているのです。

 アベノミクスが本格的にスタートしてから1年が経過しましたが、この間、異次元緩和によって円安が進み、それが株価の上昇をもたらしたことで景気が回復してきました。ところが、今年に入ってから株価の伸びは止まってしまい、2014年4月11日には、日経平均株価は1万4000円を割り込んでしまいました。これは2013年12月に付けた直近の最高値(終値ベース)である1万6291円よりも2割近くも下げたことになります。

 以上の点から、私はアベノミクス効果が薄れ始めたのではないかと感じるのです。そのうえ、4月から消費税率が引き上げられましたから、このままでは、国内景気を牽引してきた資産効果がしぼんでいくのではないかと危惧しています。

先ほど見ました「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」によると、全体の取扱額のうち、60%強が国内旅行で占められますから、国内景気の動向は旅行業に大きく影響しますし、逆に国内の観光地などの景気に大きな影響を与えます。 以上の4点と併せて、旅行会社の決算に着目するとよいでしょう。

エイチ・アイ・エスと、近ツーを分析する

「『GWのホテル予約なんて、今からではもう遅い』と思われがちですが、まだまだ間に合います!」と語るのは、『ホテルに騙されるな! プロが教える絶対失敗しない選び方』(光文社刊)の著者・瀧澤信秋さんだ。

GWのホテルは混雑必至で、予約自体もかなり大変……。そこで利用者目線をポリシーとする“年間200泊超”のプロ「ホテル評論家」瀧澤さんが、目からウロコの裏技を教えてくれた。

「実は、前日から当日にかけてキャンセルが出るケースが結構あるんです。前日や当日の昼過ぎから午後4時くらいまでに、大手宿泊予約サイトで空室が出ることもあります。また“禁煙客室”といった条件で探した場合に満室でも、喫煙室に空きがあれば消臭対応で問題ないことは多い。そうした対応の有無も確認してみましょう」

それがダメでも、まだ大丈夫。瀧澤さんによると、意外に“ねらい目”なのがビジネスホテルだという。

「最近のビジネスホテルは進化していて、清潔感や機能性も高い。その上、無料ドリンクや無料の天然温泉、充実した無料朝食など、コスパのいいサービスが満載となっています。旅行だからといって宿泊先の条件を狭めず、こうしたビジネスユースのホテルも要チェックです。客室数が多いので、キャンセル待ちで空きが出る可能性も高いですよ」

 だが、GWならではの注意するポイントも。混雑するホテルでは、思いがけないトラブルにも遭遇しかねない。そこで、事前の確認をしておくことが大切だという。

「お子さま連れの場合、客室で走り回ったりすると予想以上に隣室や下層階に音が響き、トラブルの元となることも。せっかくの連休を台無しにしないためにも、事前にホテルへ相談して低層階を希望してみるといいでしょう。あるいは眺望を楽しみたい場合には、高層階や見晴らしのいい客室を指定するなどリクエストしてみるのもおススメ。多くのホテルマンは、お客様の希望を叶えたいという思いを持っているものなのです」

まだ間に合う!年間200泊のプロが教えるGWのホテル利用術


 立山黒部アルペンルートが全線開通し、台湾の団体客が北陸に押し寄せている。ホテルや旅館は、石川、富山の空港を離発着する台北便の機材大型化や増便で昨年を上回る勢いで予約数が伸び、「満員御礼」状態だ。客単価も上昇し、売り上げも堅調だが、北陸新幹線金沢開業直後となる来年春は国内外から観光客らが集中し、客室を十分に用意できないかもしれないと懸念する声が出ている。


「ありがたいが、うちは100室しかない。お断りした分を含めると、昨年の2倍は軽く超える」。金沢国際ホテルを運営する浅田屋(金沢市)の浅田久太社長は悩ましげにこう語る。15日以降、台湾の団体客予約は連日4〜5件入った。特に今年は、小松空港到着後そのままホテルに入る「小松組」が目立つという。
.

 「4月としては過去最高となった昨年並み」のホテル日航金沢や加賀屋(七尾市)をはじめ、金沢ニューグランドホテル、ANAホリデイ・イン金沢スカイ、ANAクラウンプラザホテル金沢も軒並み前年超えだ。大半が金沢国際ホテル同様、満員となった。富山エクセルホテル東急、富山第一ホテルもフル稼働の日が増え、「連日、台湾など海外客が8割近くを占める」(富山エクセル)状態だ。
.

 予約が伸びている理由として、小松−台北便の機材大型化や小松、能登空港のチャーター便の増加がある。小松便は従来、152席で運航していたが、今年2月から184席に切り替えた。5月以降はさらに大型化する予定だ。小松、能登空港の台湾チャーター便は春運航では過去5年で最多の25便が就航する見通しで、富山空港では期間限定で台北便のデーリー運航が始まった。
.

 客単価も最大で1千円近く増え、7千〜8千円台が中心となっている。金沢の都市型ホテルは東日本大震災後の誘客策として、値ごろな価格帯で売り出した時期もあったが、「値ごろ作戦は既に跡形もない。価格がやや高くても訪れたいという人が増えている」(ニューグランド)のが現状だ。「館内で夕食を食べる団体が増えた」(日航金沢、ANAクラウンプラザ金沢)ことも影響しているとみている。
.

 もっとも、北陸新幹線金沢開業直後となる来年4月中下旬の状況に不安を抱くホテル関係者は多い。台湾からの観光客と新幹線で首都圏から訪れる観光客による「客室争奪戦」が避けられない見通しだからだ。特に学会などの大規模大会「MICE」の主催者は2〜3年前から客室を押さえており、来年は予約が取りにくい状態となっている。
.

 各ホテルは既に台湾の旅行会社に説明を始めているが、「震災後の送客で、台湾にはとても助けられた。新幹線開業の年だからと言って台湾客を簡単には断れない」と頭を悩ませている。
.
北國新聞社

最終更新:4月19日(土)2時57分
石川、富山のホテル 台湾客「満員御礼」

CREA WEB 4月17日(木)12時1分配信






 ようやく気候も安定し、一年で最も美しい季節がやってくる。目に映る新緑の力強さとその初々しい香りは、人間の体にも元気を与える。このわずかな眩しい季節に、外に出かけない手はない。

 今回は、新緑を愛でるに最高の場所を紹介しよう。日光、中禅寺湖の目の前に、5月8日にオープンする「界 日光」だ。「界」は、星野リゾートが経営する、和を意識した温泉旅館ブランドで、箱根、熱海、伊東をはじめ全国にあり、幅広い年齢層に人気を得ている。

「界 日光」は、日光の大自然、中禅寺湖、男体山を望む場所にあり、いろは坂、日光東照宮、華厳の滝など日光を観光するにも最適の場所にある。

 和の風情があるゆったりとした客室は、全室にベッドが備えられている。ほとんどの客室からは中禅寺湖が正面に広がり、刻一刻と表情を変える湖面の移ろいを楽しむことができる。2家族でも十分にゆったりと過ごせる洋室付きのタイプや、男体山を望む角部屋、大理石やヒノキ造りの贅沢なお風呂など、趣の異なる全33室の客室がある。
.
栃木の石で蒸し上げるメイン料理

「日光和の代温泉」を源泉とする温泉は、疲労回復や神経痛に効果があり、体の芯まで温まる。大浴場には男女それぞれ内湯と外湯が備えられ、重厚な木組で出来た贅沢な湯殿にはヒノキ造りの湯船があり、木のぬくもりが感じられる。また露天の岩風呂などは野趣あふれた造り。時をしばし忘れることができる。

 楽しみな食事は、趣のある渡り廊下を通って、半個室の食事処で。ここでは、旬の素材を季節感であふれる調理で演出した懐石料理が提供される。メインの牛肉はたっぷりの野菜と一緒に、日本では唯一栃木県のみで採取される「大谷石」を使った石室焼きで。濃厚な味わいの素材を現代人の味覚に合わせて、あっさりと仕上げた一品となっている。

 日光と言えば、桜や紅葉の季節が人気だが、ぜひオープンに合わせて、新緑を存分に味わいに訪れてみては。

星野リゾート 界 日光
所在地 栃木県日光市中宮祠2482-1
電話番号 050-3786-0099(界 予約センター8:00〜21:00)
URL http://kai-nikko.jp/
.
CREA Traveller編集部


最終更新:4月17日(木)12時1分

「星野リゾート 界 日光」が新緑の息吹とともにオープン

国内にはたくさんの温泉地がありますが、中でも人気なのが部屋に専用の露天風呂がついたタイプです。自分たちだけの温泉として好きな時間に好きなだけ楽しめるのが魅力で、ハネムーンには最適な宿泊施設でもあります。そこで今回は、新婚旅行にふさわしい、部屋に露天風呂がついたハイクラスの旅館をはじめ、ツアー取扱先をご紹介します。

■客室露天&貸し切り露天で露天風呂ざんまい

温泉地として有名な箱根にある「箱根芦ノ湖 華の宿ふくや」では、6つの異なる客室にそれぞれ個性ある個室露天風呂が付いています。部屋を変えれば何度でも楽しめる宿ともいえるでしょう。大浴場は夕食以降家族風呂として使えるため、夫婦2人で入るのもよしです。

箱根芦ノ湖 華の宿ふくや

■九州、大分県の湯布院はハネムーン向けの宿が多い!

湯布院は総部屋数が少なめで小規模ながらも、その分顧客へのサービスが充実していて、かつクオリティーが高い宿が多いのが特徴。由布院だけで新婚旅行温泉巡りをするのも良いかもしれません。そのうちのひとつ「湯富里の宿・一壺天」は、全客室露天付きの離れ形式で、天然温泉100%の由布院温泉が楽しめます。ペットが泊まれるのも魅力のひとつです。

湯富里の宿 一壺天

■一泊をぜいたくに、源泉100%掛け流しの露天風呂が付いた特別室で

福井県のあわら温泉にある「源泉かけ流し 大人の湯宿 つるや」は総部屋数23室で、全室が違うつくりになっているのが特徴。源泉掛け流し大浴場や野外庭園風呂、寝湯を完備し、温泉旅館として高い評価を受けています。露天風呂付き客室は特別室なので、2人だけのハネムーンには最適です。

源泉かけ流し 大人の湯宿 あわら温泉 つるや

■最上級の露天風呂を完備!約四千坪の敷地を利用した静護の宿

熊本県にある「白川源泉 竹ふえ」は、館内27のお風呂すべてが源泉100%掛け流しで、11部屋すべての客室にいろりと和室、内風呂を備え、さらに離れには露天風呂も付いているという温泉好きにはたまらない宿です。貸し切り露天風呂として利用できる「竹林の湯」は、まさに竹林のど真ん中。宿泊料金は少し高めですが、それだけの価値は十分にあります。部屋数が少ないため、早めの予約を。

秘境 白川源泉 山荘 竹ふえ

今回紹介した以外でも、新婚旅行に最適な客室露天風呂付きの高級温泉はたくさんあります。ぜひじっくりと検討して、最高の思い出になるすてきな温泉宿を見つけてみてください。

新婚旅行で露天風呂付き高級旅館に泊まりたい!

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。

 おうちに帰るまでが遠足ですよ――小学生のころしつこいくらい耳にしましたよね。遠足を「旅行」に置き換えて少しだけ意味を追加すれば、大人の世界でも使える台詞になる。「計画(準備)の段階からおうちに帰るまでが旅行ですよ」。適当な計画しか立てなかった旅行は、結果的にあまり面白くならないことが多い。行き当たりばったりゆえのハプニングやサプライズで旅に彩りを添えることもあるだろう。だが、得てして行きあたりばったりゆえに結局何もないただ行っただけの旅行にもなりやすい。それを防いでくれる優秀なトラベルアプリをまとめてみた。旅行前にチェックだ!

●列車と宿をセットで検索すれば効率◎

 旅の計画を立てる際には、列車と宿をまとめて探して、予約までスムーズに済ませておきたい。別々にするよりも楽だし、宿がないなどと慌てることがない。また割引されることもある。そこでオススメしたいのは「JR+宿泊予約」という、JRと宿をセットにした旅行プランを検索できるシンプルなアプリ。JRセットプランを検索できるのはこのアプリだけだというから、JRを使って旅をする人はぜひともインストールしておきたい。

 さてこのアプリの長所は「自分のこだわり」をあらかじめ設定しておけること。「出発地設定」は首都圏、中部、関西、中国、九州の5カ所から、「ホテル・旅館・お部屋のこだわり」はホテル、旅館、駅から5分以内のところ、シングル、ツイン、洋室、和室など、かなり詳細なところまで設定できる。そのため検索結果はかなり絞られた状態で出てくる。女子も「こういうことはサッと決めてくれる人がいいよね」「効率良く進めてくれるとデキる人だなと思っちゃう」という声を寄せている。列車と宿はセット検索・セット決めをデフォルトにしておきたい。効率の良い動きでデキる男をアピールしよう。

●眺めるだけでも楽しい! 高スペックな温泉アプリ

 大人の旅行の定番といえば温泉。前もって調べた温泉以外にも旅先で、色々な湯に入りたいと思ってしまう。そんなときに役立つのが「温泉天国」。こちらには4000カ所以上の日帰り温泉や健康ランド、スーパー銭湯、銭湯、日帰り入浴の可能な温泉施設、また7000カ所以上の温泉旅館などが収録されている。「温泉データベース」といってもいいくらいのボリュームとなっているのが、温泉好きにとってはたまらない。

 地図からでも現在地からでも探すことができる。検索結果から日帰り温泉と温泉宿の一方だけを抽出できるのは、粋な計らいだと思ってしまう。また地図上に出てきた検索結果をリスト状に表示することも可能だ。旅行サイトを眺めているようで見やすい。試しに日帰り温泉を検索してみたところ、露天風呂があるかなどの温泉情報、タオルなどの備品、入浴料、営業時間など一通りの情報が詳しく出てくる。Biglobeが提供しているアプリで「Biglobe温泉」のデータが使われているため、とても完成度の高い内容になっていると思う。温泉好きな私はかねてからヘビロテしている。「『近くの温泉宿を探す』というボタンもあるので、旅先で『もう1泊しよう』となったときでも調べやすくていい」「温泉情報が丁寧なので頼りになる」と女子の評価も高いぞ!

●ふらっと近くの寺社に立ち寄れる!

 数年前から若者の間で仏像などがはやり始めてからというもの、寺社巡りも国内旅の定番となっている。ここでは潔いくらいにシンプルな「神社・仏閣まっぷ+」を推してみたい。地図からでも現在地からでも寺社を検索できる。

 伊勢神宮へ行きたい願望のある私は「伊勢市」から検索してみた。すると周辺検索の結果、該当した寺社は5件。地図上にピンで表示され、ルートだけではなくWikipediaの情報やGoogle検索結果、近隣施設の情報もチェックできる。旅先で気分の赴くままに散歩をしていて「ちょっともう1〜2軒、寺社巡りしようか」というノリで使える気楽なアプリだ。Webではあまり見かけることのない寺社が載っていることもあり、新しい発見につながるので面白い。寺社巡り好きな女子からは「これまで存在を知らなかった神社に行けてよかったと思う」「偶然の巡り会いがステキ」と好感度が高いようだ。入れておけば正解なアプリだと思う。

 旅の計画段階から「この人って頼りになるいい男だわ」「デキる男ね」と思われたい男子は、3本すべて使いこなせるようになっておきましょうぜ。

旅行前にインストール必至! 「頼れる男」演出に欠かせない最強トラベルアプリ3選

ロンドン五輪期間中はどこのホテルも予約でいっぱい−。普通に考えればそうなるはずなのだが、予想に反してロンドン市内のホテルの予約が伸び悩んでいる。

 6月4日付の英紙「フィナンシャル・タイムズ」によると、この夏のロンドン市内のホテル予約は例年の30%減。一方で他のヨーロッパの都市、パリ、ダブリン、バルセロナなどは昨年と比べて大幅にアップしているという。

 もちろん、その理由は価格の高騰だ。ロンドン中心部の4つ星クラスのホテルは1泊およそ415ポンド(約5万円)で、通常の夏の約4倍もする。これに対して、パリ、ダブリン、リスボン、バルセロナなどの同等の部屋は110ユーロ(約1万800円)から150ユーロ(約1万4700円)で予約は通常の夏の2倍以上に上るという。

 旅行代理店関係者は「ロンドン五輪への期待が誇張されすぎている」とし、その一因としてロンドン五輪組織委(LOCOG)が引き起こした“市場の混乱”を指摘する。LOCOGは国内および海外の五輪関係者とその家族のために4万室を適正な値段で手配した。これによって、ロンドンのホテル経営者は他の空いている部屋を値上げせざるを得なくなったというのだ。ところが、LOCOGは1月になって、予約していた部屋の20%をキャンセル。これで想定外の空室が発生してしまったというわけだ。

 予約低迷のもうひとつの要因は、旅行客が長期滞在を避けていることだ。五輪期間中の航空機の予約は前年比13%増と増えてはいるが、これにはオリンピック村に滞在する選手や役員の分も含まれる。一般の旅行客はむしろ、短期滞在を選ぶ傾向にあるのだ。

 また、LOCOGは100万枚のチケットを海外で売ったが、660万枚が英国内で売られており、欧州市場に出回ったチケットのうちの数千枚も英国民によって買い取られている。多くの英国民がコストを下げるために、日帰りでの五輪観戦を計画していることも宿泊予約が伸びない一因のようだ。

 宿泊予約サイトによると、当初、平均で1泊211ポンド(約2万5400円)だったものが202ポンド(約2万4300円)にまで低下しているが、それでもまだ多くの空室があるという。

 五輪ツアーも「安・近・短」の時代ということか。五輪でひともうけをたくらんだホテル業者や旅行業者にとっては、何やら期待外れとなりそうな雲行き。旅行者をカモるのも“ほどほどに”という教訓といえるかも…。(五輪取材班)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000509-san-spo

出産を控えた夫婦向けプランを設ける宿泊施設が出てきている。妊婦用の寝具を用意したり栄養バランスを考えた食事を出したり、妊婦の健康に配慮しているのが特徴だ。通常料金よりやや高めだが、出産直後、夫婦だけでの外出が難しくなるため、思い出作りに利用するケースが目立つ。(田中左千夫)

 宇都宮市の主婦、吉田あゆみさん(28)は4月、群馬・長野両県にまたがる軽井沢地区に、夫(29)と1泊2日の旅行に出かけた。8月に出産を予定。「妊娠中は外出の機会が減るので夫婦2人の時間を持とうと計画しました。よい気分転換になりました」と話す。

 吉田さん夫婦が利用したのは、「ホテルグリーンプラザ軽井沢」(群馬県嬬恋村)の「マタニティプラン」。2食付きの宿泊料金は2人で3万6000円と、この宿の通常プランより2割ほど高いが、夕食に特別料理が出たのに加え、腹回りなどにゆとりのある妊婦用の部屋着や楽に寝られる妊婦用抱き枕を備え、快適だったという。通常よりチェックインが1時間早く、チェックアウトも1時間遅いため、のんびりできたという。

 秋保(あきう)温泉(仙台市)の「ホテル華乃湯」のプランでは、館内をなるべく歩かずに済むよう、エレベーター近くの部屋を用意。到着後すぐに休めるよう、チェックイン前に布団を敷いてある。妊婦用のパジャマを貸し出し、夕食も油分や塩分を控えた献立にした。

 交通の便の良い都市部のホテルのプランも充実してきている。横浜市の中華街に近い「メルパルク横浜」はホテル内のスタジオで、出産前の夫婦の記念写真を撮ってもらえるプランが人気を集めている。

 4月16日から「プレママプラン」を始めたのは「ザ・プリンスさくらタワー東京」(東京都港区)。妊婦に必要とされる葉酸などを多く含んだ食材を使った朝食が出る。妊婦向けヨガのレッスンも割引料金で受けられる。最寄りのJR・京浜急行品川駅から無料送迎バスもある。

 旅行サイト大手の「楽天トラベル」(東京)によると、同社が扱う妊婦に配慮した宿泊プランは、今年1〜3月で昨年同期比の2・5倍になり、予約数も約3割増えた。「東日本大震災後、家族との時間を大事にしたいという傾向が強まったのが、人気の背景にある」と同社ではみている。

 産婦人科医で、日本旅行医学会の認定医でもある竹内正人さんによると、比較的状態が安定している妊娠5か月から8か月にかけて旅行に出るのは、気晴らしや思い出作りのほか、夫婦の間柄を見つめ直す意味でも有効だ。「日常を離れた旅先で子育てについてじっくりと話し合っておけば、出産後の夫婦間のトラブルを防ぎやすい。ゆったり過ごすことを心がけてほしい」

 ただし、人気の行楽地などは、行き帰りに渋滞に巻き込まれることも。「特に渋滞中の高速道路上では、体調に異変があっても道路をすぐに下りられず、同じ姿勢で座っていなければならない。高速道路を利用するなら、道路がすいている平日を選んだ方がよい。目的地周辺に産婦人科の病院があるかも事前に調べておいてください」と竹内さんはアドバイスしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120510-00000302-yomonline-soci

大型連休が28日から始まる。東日本大震災が発生した昨年は自粛ムードが広がり、苦戦を強いられた観光施設も多かった。しかし今年は一転。客足は回復傾向にあり、昨年、震災の影響で中止になったイベントが復活する動きも。大型連休本来の活気に、観光業界の期待が高まっている。

 ハマの大型連休の風物詩「ザよこはまパレード(国際仮装行列)」。昨年、半世紀以上の歴史で初めて中止されたが、今年は5月3日に開催される。

 「今年はパレードに加え、横浜赤レンガ倉庫が大型連休期間中としては初めて『オクトーバーフェスト』を開催する。横浜も例年並みのにぎわいを取り戻せるのでは」。そう期待を寄せるのは横浜観光コンベンション・ビューロー。横浜中華街発展会協同組合の関係者も「両イベントの開催は大きい。中華街への人の流れが期待できる」と力を込める。

 昨年、震災の影響で横浜市内の観光客数は激減した。市によると、4月は前年比88万3千人減の272万2千人、5月は同65万6千人減の429万9千人。

 ただ、6月以降は回復基調にある。同ビューローのホームページへのアクセス数は今週に入り急速に増加、昨年同時期と比べほぼ倍増という。

 市内のシティーホテルの宿泊予約もおおむね好調の様子。「5月4日までほぼ満室」と横浜ロイヤルパークホテル。横浜ベイシェラトンホテル&タワーズは「5月2〜5日は満室。遠方からの客も目立つ。横浜を起点に、都内や千葉に開業した商業施設を訪れる人も多いのでは」。比較的空きのある連休前半は駐車場41時間無料などのサービスを付けたプランを投入、直近の取り込みを狙う。「売り上げは前年比増となる見込み」。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルも「最近は直近需要の傾向が強い。客室に余裕のある日も、最終的には埋まっていくのでは」とみる。

 一方、昨年は震災後とはいえ、近場のレジャー施設として人気を集め、「一昨年並みの客数を維持できた」という横浜・八景島シーパラダイス。今年は昨年自粛した花火を連休中、6回開催。「曜日並びも良く、昨年以上の来場に期待したい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000025-kana-l14


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM